ストッキング★パンストで美脚な毎日♪
OLのミカが毎日穿いている中で厳選した美脚ストッキングを紹介していきます♪ たまには少し高級なブランドストッキングを履いて美脚をメイクしてみませんか??


<パンスト>色足・柄足大ブーム 生足世代の美脚技
こんばんは、ミカです。

最近色んなところで取り上げられている、「透けるタイツ」の話題です。

今度は毎日新聞さんでも「透けるタイツ」ブームが取り上げられていました。

最近すごいです。そして確かに、街中でも透けるタイツを履いている若い子を沢山見かけるようになりました。

10代~20代前半くらいまでが、透けるタイツの愛用者みたいですね。

「パンティーストッキングが久々に脚光を浴びている。ショートパンツやミニスカートに合わせるアイテムとして、この春から大流行しているのだ。“新ストッキング世代”の実像とは--。【田村佳子、榊真理子】

 東京・原宿ではストッキング姿の10~20代の女性が目立つ。星やハート柄、ロゴ入りなど多彩。動物やキャラクターの柄がタトゥー(入れ墨)のように見えるタイプも人気だ。

 ベージュのストッキングにレースの靴下を合わせた都内の大学生(19)は「今年からはき始め、今はほぼ毎日。これまで(ストッキングより厚い)黒タイツがメーンだったけど、洋服の幅が広がった」。

 昨秋から人気ファッション誌「mini」(宝島社)が「透けタイツ」として紹介するなどして流行に火がついた。靴下・下着メーカー「チュチュアンナ」の広報、木村亜由美さんは「きっかけは少女時代などKポップアイドルの美脚ブームではないか。『足をきれいに見せる』と読者モデルがはいて、広がった」。同社では柄入りストッキングの売り上げが昨季の8倍に。メーカー大手「アツギ」も、無地の1足売りが今季2ケタの伸びだ。…」


とにかく凄い伸びです。

去年までのレッグウェアの不振はどこ吹く風。ストッキング業界は完全にバブル状態ですね。

ストッキングメーカーは将来、この子達がOLになった時にちゃんとストッキングを履くように持っていけば、大きなビジネスチャンスに繋がると思います。

雑誌やテレビなどで、ストッキングを履くことで美脚に繋がることを積極的に宣伝すべきです。

あとは、履き心地のいい上質なストッキングを安く提供することでしょうか。若い子の透けるタイツはいかにも安っぽくて履き心地も悪そうなので…

<パンスト>色足・柄足大ブーム 生足世代の美脚技

<透けるタイツ>       から      <ストッキング>へ
     


☆ストッキング★パンストで美脚な毎日♪はブログランキングに参加中です!応援のクリックを1日1回是非お願いします☆

美脚ストッキングホームページ製作中♪
ミカのストッキングmagazine♪


コメント
この記事へのコメント
パンスト男子です。初カキコ失礼します。

最近やっぱり若い女の子のパンスト着用増えてますね!
柄ものも良いけどはき心地の良い普通のパンストも
良いですよね。涼しい風にあたりながら美脚がアピール
できる女性は羨ましい限り

もっとブームが続くことを願ってます
2012/06/27(水) 05:58:28 | URL | まる #6Aros7K.[ 編集]
豆知識
ミカさん、こんにちは。

お昼休みを利用し、書き込みしております。

えー、そうなんですか?そんなに若い女性の間で大人気なんですか?それはスゴいことで、嬉しい限りですね。

もうこの時期だと、わりと生脚でしたからね。
ミカさん、冬場はタイツが今は主流になっていますが、昔は流行らなかったのです。
というのも…タイツというのは、子供の穿くもの…との認識が強かったんです。実際僕が幼稚園に通っていた頃は、女の子は勿論、男の子もタイツ穿いてましたしね…僕もその頃、冬は白や茶色のタイツ穿いて通ってました。
今では考えられないかもしれませんが、タイツは子供で、大人の女性がストッキングがデフォだったんです。

しかし今から約30年前に、若い女性の間で、黒タイツブームが起こったんですよ。防寒にもなるし、脚も細く見える、また黒だといろんなファッションにも対応出来ると、愛用者が増えたんです。今は冬場は女子高生は黒タイツばかりですが、僕らの高校時代は、黒のストッキングでしたしね。

OLさんや、主婦の方など、幅広い年代の方が、黒タイツ穿くようになりました。しかし春から夏は、ハイソ~生脚てな具合に、時代は変わったんです。

今日はちょっとした豆知識でした。参考になられたでしょうか?パンストブームは、これからずっと続いていってほしいです。
2012/06/27(水) 12:58:01 | URL | マンモス西 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

fillamage〈フィラメージュ〉- セシール